修理費用の目安

住宅設備の中で、最も早く老朽化が進むものとして、水周り設備がある。
水周り設備は、お風呂場やキッチン、トイレなどがそれにあたる。
水を扱うことで配管の傷みや、カビ、水垢汚れなどにより他の設備より早く劣化が進んでいく。
これらを修理したり、取り換えることで綺麗に甦らせることが可能になる。
例えばお風呂場では、ユニットバス全体を取り換えることで、それまでとは異なる雰囲気に大きく変えることができる。
最近のユニットバスでは、デザイン性や機能性に優れているものも様々出ている。
例えば、カビが生え辛い加工が施してあったり、手すりが付いていることなどでの使い勝手の向上がある。
またトイレについても、機能性の向上や取り換えることで見た目の向上などに繋げていくことができる。

水周りの修理や取り換えでは、金額が大きくかかる場合もある。
これらの金額は、設備内容などにより大きく異なるが、例えばユニットバスなどでは50万円など、全面を取り換える場合には金額も大きくなる。
しかし、いくつかの工夫により、これらの金額を抑えて綺麗にしていくこともできる。
その工夫としてあるのが、部分的な取り換えや修理である。
例えばユニットバスの場合、全面を取り換える場合には古い機材を取り外し、新しい機材を取り付ける必要があり、大掛かりな工事になる。
しかし、タイルの張替えや浴槽の交換など、部分的に取り換えや修理を行うことで、それらの金額を抑えて機能性の向上や見た目の改善を行っていくことも可能である。